Ainomi販売開始!

Ainomiが誕生するまで

NiiMoの2つ目の作品。
新潟県上越市に工房を構える本建正藍染職人の宇賀田正臣(うがたまさおみ)さんと新潟県十日町市でハンドメイド作品を生み出し販売をしている手芸職人の村山千奈(むらやまちな)さんのコラボレーション商品。
はじまりは新潟県内で藍染をされている方を探していたところ、インターネットで検索をして「つばめのうた」の宇賀田氏に出会いました。
藍染と言っても大きく分けて「化学建て」と「醗酵建て」の2種類あります。
化学建ては薬品を使用して染める技法で、醗酵建ては化学薬品を使わずに染める方法です。
宇賀田氏の藍染は本建正藍染という化学薬品を一切使わず染める後者の藍染で原料は主に蓼藍(たであい)を発酵させてできた蒅(すくも)と言われる原料と木の灰と水をあわせた灰汁(あく)です。
はじめて宇賀田氏の本建正藍染で染められた木地を見てすぐに感じたことは「やさしさ」でできている。
環境にも肌にもやさしい素材を結びつけるために、職人を探していると、出会ったのはクラフト展で子供用の手編み帽子をつくっているNICORIというブランドを立ち上げた村山千奈さん。
ブランド名の名前のは「にっこり」「ほっこり」笑顔を生み出す手編みの帽子で、ご自身のお子様の帽子をつくったことがきっかけ。
その愛らしい帽子は知人から人へ広がり、多くの方に感動と喜びを与え、いつしかそれは自分自身の楽しみに変わりました。
藍染の「藍」ママの愛情の「愛」をかけてAinomiが誕生しました。

素材と環境

素材はオーガニックコットンを使用。
オーガニックコットンに関する記事はコチラ→「着心地が良い。肌に優しい。は間違い!オーガニックコットンと普通のコットンの違い。」

オーガニックコットンの染色方法の本建正藍染は、染まらなくなった染め衛を畑に返すことで新たな命を育むことに使われ循環します。
手編みは機械の動力を必要とせず、道具は鍵編み1つで、あとは一つひとつ人のチカラで編みます。

Ainomiは可愛い、良質というだけの子供用帽子ではなく、環境に配慮したやさしい作品です。

本建正藍染とは

冒頭でも説明しましたが、本建正藍染は化学薬品を使用せず、微生物のチカラを利用して染められる藍染です。
原料は蓼藍(たであい)という植物の葉を醗酵させた蒅(すくも)と木の灰と水でつくられる灰汁(あく)、基本的にはこの2つだけを使って藍を建てます。
藍が建った後、染まる状態を維持するために貝灰や襖(ふすま)を使用したとてもシンプルなものですが、それ故に難しい方法になります。
なぜなら、自然のチカラを利用する染色だからです。微生物という自然界の生き物を相手にするため、場合によっては機嫌を損ね染まらなくなることもあるそうです。
染液の状態を肌で感じ取り、経験や勘を頼りにその時々で必要な対応をとり染められる状態を維持することがとても難しく、薬品を使用した藍染と違い、そこに単純な答えはないとのこと。

ママの愛情からつくられる

Ainomiはママの愛情からうまれました。お子様のために設計、デザインされた帽子は鍵編みを採用することで締め付けが少なく、通気性も良くなります。
常にお子様の立場で考えられている村山さんならではやさしい帽子です。

村山千奈、NICORI、ハンドメイド

パッケージ

Ainomiのパッケージはそのままでもプレゼント用として渡せるようにデザインされています。
箱に詰められた木の実のようなデザイン。もちろん箱は再生紙を用いて、ラッピングには和紙を使用しています。

選べる5サイズ

子供用の帽子ってサイズが少ないんです。
Ainomiでは現役のママ、村山さんが子供のことを考えて豊富なサイズを揃えました。
SS~Lサイズは生後半年のBABYサイズからLのKIDSサイズ。
(※現在はS~Mサイズ、随時販売予定。2018.3月時点)

藍の実のサイズ表
※年齢の目安はあくまで平均的な値でございます。購入時は頭回りを参考にすることをおすすめしております。

選べる3カラー

ライトブルー、ブルー、マーブルの3種類のカラーバリエーションがあります。

イメージフォト

実際に生後5か月のお子様をモデルにブルーとマーブルの2種類をかぶって撮影しました。
(※現在はブルーとマーブルの2種類のみです。随時販売予定。2018.3月時点)

こちらは色はブルーでサイズはMサイズ。少し大きめにゆるい感じもかわいいです。

マーブルのSサイズ。ライトブルー、ブルーと染められていないオーガニックコットンのホワイトのコントラストがお子様にぴったり。

まとめ

オーガニックコットンの糸は本建正藍染職人の宇賀田正臣の手で一つひとつ丁寧に染められています。
化学薬品を一切使用していない藍染は環境、肌にやさしく、抗菌作用により防臭効果も得られるそうです。
また、本建正藍染は紫外線防止効果もあるため、大事な頭をまもる役割があります。
その糸は現役ママで手芸職人の村山さんの手によって、サイズや形などお子様のために愛情をこめて丹念につくりあげられています。
ご自身のお子様はもちろん、プレゼントやギフトにも喜ばれる商品でございます。

ショッピング

↓お買い求めはコチラ↓

新潟モノづくり製造所~Ainomi~

新潟モノづくりYAHOO店

↓お問い合わせはコチラ↓

NiiMo~新潟モノづくり~
担当:今成 駿吾(いまなり しかご)
TEL:025-788-0365
E-mail:info@niimo.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

NiiMoブログとは、新潟県のモノづくり、その他、他では発信されていない新潟県の魅力をお伝えしています。 新潟の情報なら是非、NiiMoブログをご覧ください。