表札を選ぶならこれ!仕上げにこだわる!越顔

フィニッシュオイル!?

木材を塗装するために使う塗料は水性ウレタンが多いのではないでしょうか?
ウレタン塗料は撥水性に優れておりますが、化学薬品が含まれていることが多く、小さなお子さんも使う木の机やお皿などに塗装してあると心配ではないでしょうか?
越顔は天然無垢材の越後杉を使用しております。越後杉は再生可能森林で育てられているため、とてもECOな産業であり、安全な素材です。
化学薬品を使用するのは、環境にも悪く、触れるものではないですが、安心とは言えません。
また、ウレタン塗料は独特のテカリを出してしまいますので、無垢材の良さを損なう可能性があります。
そこで越顔では独自で開発した無垢材を活かして【木】本来の輝きを引き出し、天然かつECOなオイルを開発してまして、それを仕上げに使用しております。

riceoil

オイルの成分は【エゴマ油】【こめ油】【桐油】の3種類を使用しまして、撥水性、美しさを最大限に活かすことができます。
表札は基本的に外で使用するものだと思いますが、特に触れるものでもないのに、天然にこだわらなくても。。。
天然成分だからこそ無垢材との相性が良く、木の温かみを損なわずに美しさを引き出します。また、独自ブレンドにより撥水性に優れたオイルです。

天然オイルだからこそ無垢材との相性が◎

ウレタン塗料を使いますと撥水性は優れているものの、無垢材の質感や美しさが損なわれてしまいます。
NiiMoが独自でブレンドしたフィニッシュオイルを使用することで撥水性に優れ、そして木の魅力を引き出すことができます。

oiljikken

こちらは毎日、様々な天然オイルで試行錯誤を繰り返している越後杉です。

afteroil-img

完成したフィニッシュオイルの使用前と使用後を比べてみますと木の色が鮮やかになることが分かります。

eoil-hikaku-img

この通り、天然オイルで仕上げた方(画像右側)は未使用のものと比べると撥水性に優れています。
しかし、ウレタン塗料と違い天然オイルですので、1年に1度か2度、メンテナンスオイルとして使用していただくことで、永く美しく味わいが増してきます。
また、天然オイルを使用して長年、屋外にある越顔は【シルバースキン】と言って銀色のような光沢のある色へと変化をしていきます。
時の経過を越顔と共にお楽しみいただくことができます。

商品化へ向けて

現在、E-oilという【越顔】のEと【ECO】のEを組み合わせたNiiMo独自開発の天然オイルの商品化へ向けて動いております。
Eオイルは無垢材の家具などのメンテナンスオイルとしても使用できるように開発を進めておりますので、販売しましたら、改めてご報告しますので、是非一度、お手に取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

NiiMoブログとは、新潟県のモノづくり、その他、他では発信されていない新潟県の魅力をお伝えしています。 新潟の情報なら是非、NiiMoブログをご覧ください。