新潟県のモノづくりと言えばココ!世界中から注文を受ける燕三条の金属加工技術!

有限会社矢部工業の職人

モノづくりの街【燕三条】

燕三条は正確に伝えると燕市三条市に分かれています。
しかしどちらも金属加工が盛んに行われ、世界に認められる技術を有している企業がたくさんあります。
燕市江戸時代の匠たちが金属洋食器を生み出し、現在ではプレス加工・機械加工(金型・切削・研削)・精密板金・溶接・表面処理・塗装など金属加工産業の集積地として、「世界のTSUBAME」の名を広く発信し続けています。
三条市では三条鍛冶の伝統を受け継ぐ包丁、利器工匠具、その鍛造技術を基盤とした作業工具を始めとして、測定器具、木工製品、アウトドア用品、冷暖房機器、産業機械などの優れた製品を生産しています。
両市とも金属加工産業ですが、どちらかと言えば燕市は洋食器や機械加工、溶接などを行う企業が多く、三条市は鍛冶や工具をつくる企業、職人さんが多いようです。

有限会社矢部工業

今回は燕市にある有限会社矢部工業さんにお伺いしました。
全社員がアルゴン溶接技能者免許を取得しているため、1人1人の技術が備わっており、高品質な商品を生み出すことが可能です。
最も得意とする分野はステンレス加工。型作り、裁断、曲げから研磨仕上げ、ヘアライン加工まで一貫して行っています。
溶接された部分を見るとどこが溶接された部分か全くわからないほどの加工技術があります。
また、オーダーは試作制作小ロットから量産まで顧客ニーズに合ったモノづくりができます。

有限会社矢部工業

こちら矢部工業さんで作られたステンレス製品ですが、角にあたる部分はすべて溶接されています。溶接研磨技術が成す職人技

こちらが溶接された部分なのですが、この虹色を出すのが難しいとのこと。これを研磨すると一つ上の画像のように溶接した部分が見えなくなります。

写真は直径60cmほどのロール加工。こうした大きなロールは技術的にもむずかしく、他にできる会社は少ないようです。

環境にやさしいステンレス

金属と言うと、環境問題を連想する方も多いと思います。しかし、ステンレスは100%リサイクル可能です。
ステンレスは廃棄物にならないそうです。そのため、現在生産されているステンレスの原料の約80%は使用済みのもの。
また、高級時計やアクセサリーなどの高価なものに使用されるステンレスは、一般的な鋼材より導入コストは高いですが、腐食しにくいため長期的なコストは安くなります。
こうした環境にもやさしいステンレスを使ったモノづくりはこれから、ますます注目されていくと思われます。

 

本日の一言

今回は燕市の有限会社矢部工業さんと新商品の開発のために打ち合わせをしました。
高いステンレス加工技術とのコラボ作品の品質は世界最高峰です。

有限会社矢部工業の職人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

NiiMoブログとは、新潟県のモノづくり、その他、他では発信されていない新潟県の魅力をお伝えしています。 新潟の情報なら是非、NiiMoブログをご覧ください。