地元の土を活かすモノづくり

村山大介、陶芸

芸術の街、新潟県十日町市で作られる作品

新潟県十日町市は伝統の着物、そして大地の芸術祭がある芸術の街としても多くの人を魅了しています。
その地で美しい陶器つくられている方が村山大介陶芸研究所の陶芸家、村山大介さん。

村山大介陶芸研究所

村山大介さんの作品

村山さんの作品は地元の土を利用したり、釉薬(ゆうやく)につばめのうた、本建正藍染職人の宇賀田さんが使用した灰を利用することもあります。
こうして作られた作品は主に白を基調としたシンプルで味わいを醸し出しています。

村山大介陶芸研究所、niimo

白の陶器で温かみがある村山さんの作品。
白い陶器はどことなく、清潔感はありますが、冷たい感じがある作品が多いですが、村山さんの作品は白と言いましても、真っ白という感じではなく、どことなく赤みをまとっているものや、涼しげな淡い青みがあります。

村山大介陶芸研究所、niimo、新潟モノづくり

ユニークな大皿もあります。デザインがとても印象深く、芸術の街ならではの逸品。

村山大介陶芸研究所の工房

村山さんの陶器は自宅の一階部分を利用して作品を展示しています。ご自宅の隣に工房を構えていました。

村山陶芸研究所 村山大介、陶芸

さっそく工房へお邪魔しますと作品を一つひとつ丁寧に作られていました。

新潟モノづくり、村山大介陶芸研究所

こちらは乾燥させている状態です。

新潟モノづくり、niimo、村山大介陶芸研究所

乾燥が終わったものに釉薬を塗り、これから焼いていきます。

焼き窯、村山大介陶芸研究所、niimo、新潟モノづくり

工房の1階にに設置されている焼き窯で焼かれて、作品が出来上がるのですが、タイミングが良いときでないと稼働しないため、是非、窯に入れるところまで取材をできればと考えています。

本日のまとめ

村山さんの作品の多くはネット販売をされていないため、実際に作品を見てもらった方に説明して販売をしているとのことです。
その理由としましては、ご納得いただき、長く使っていただきたいからだそうです。
一つひとつを丁寧に作り上げて、販売方法にこだわり続けたものは今では半年待ちとなっているそうです。
NiiMoでも、商品企画をまとめて、村山さんにつくっていただけるように半年後に向けて動きたいと考えております。

村山大介、陶芸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です