【本建正藍染】古き良き伝統を未来に活かす~つばめのうた~

本建正藍染

自然を活かす仕事

新潟県上越市の山中で自然の力を利用してモノづくり、食づくりに挑戦し続けている工房【つばめのうた】を経営している宇賀田正臣さんを尋ねました。
宇賀田さんのお仕事は主にお米の栽培と本建正藍染で生地を染めています。
自然の力を最大限利用していまして、お米ですと自然栽培米(無農薬の米)、藍染は植物(原料の蓼藍)、貝灰、木灰、すくもなどの天然素材を使用して染めています。
つくられているモノや食につきましては、化学薬品、農薬を使っていないため、環境、人にとても優しくできています。

宇賀田正臣

本建正藍染とは?

藍染は大きく言うと2種類あるそうです。科学の力により色を出す「化学建て」と微生物の醗酵の力を利用して色を出す「醗酵建て」と呼ばれるものです。
本建正藍染は後者の染め方で室町時代に確立された伝統的な技法でにより化学薬品を利用せずに自然の力を最大限活かして染めた藍染を言います。
しかし、オーガニック、天然ということだけではなく、その性質にこそ本来の藍染の意味が存在すると考えられます。
また、自然の力を利用して染められた(本来、染めるということではなく建てるという言葉を用います。)藍染は色落ちしません。それだけに留まらず、殺菌効果、防臭効果、紫外線防止、生地を強くするなど多くのメリットがあります。
このように宇賀田さんが建てられる藍染は人や環境に優しく、性能にも優れています。
藍染の説明をするのは、とても長くなってしまいますので、改めてブログにて書いていきます。

つばめのうた、本建正藍染

ちょうど、取材の時にお客様からオーダーいただいた洋服を染めていました。

本建正藍染

染めて、洗って、乾燥させてを繰り返して染めていきます。
一つひとつ丁寧に愛情を込めて建ています。

つばめのうた、蓼藍

こちらは蓼藍を乾燥させたもの。藍染の原料です。

すくも、つばめのうた、本建正藍染

こちらは蒅(すくも)と言われる先ほどの蓼藍を熟成醗酵させて作られた藍染の原料です。

灰汁、あく、つばめのうた、本建正藍染

こちらの液体は灰汁(あく)といわれる灰を沈殿させてつくられた藍染に必要な原料です。

本建正藍染、つばめのうた

こうして宇賀田さんの手によって染められた藍染の糸や生地は本当に美しい仕上がりでございます。

オーガニックコットン、本建正藍染

クラフト展などにも足を運び、各地で出展されておりますので、是非、見かけた際は手に取って見てみてください。

本日の一言

NiiMoでは宇賀田さんとのコラボ作品を今後展開する予定でございます。
一つひとつを丁寧に作り上げた本物の藍染を職人さんたちをつなぎ、世界につながる作品を目指します。
日本の伝統を活かし、環境にも人にもやさしい作品を手掛ける宇賀田さんにこれからも注目です!

 

本建正藍染

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です