寒さに強い!おすすめ観葉植物!

アイビー

こんにちは!NiiMoのはせがわです。
先月の健康診断で、なんと身長が1cm伸びていましたー!!まだまだ成長期♡来年は190cmになる予定です!

突然ですが、皆さん植物はお好きですか?
もちろんお好きですよね?私も大好きです!!気が合いますね!!

おしゃれなカフェに必ず置いてあると言っても過言ではない観葉植物
お部屋のインテリアとして、癒し効果として、地球温暖化対策として(?)、ご自宅に観葉植物を取り入れている方も多いのではないでしょうか。

そんな観葉植物ですが、よく聞くのが「どうせすぐ枯れちゃうし…」という悩み。
私も初心者の頃はそう思っていましたし、残念ながら天に召された植物さん達もいました。ごめんよ。
新潟県でも豪雪といわれる南魚沼市で暮らす私がオススメする、寒さに強い植物たちをご紹介したいと思います。

寒さに強い!おすすめ観葉植物!

モンステラ

モンステラ

モンステラは綺麗な切れ込みが入った大きな葉っぱが特徴です。
比較的育てやすい観葉植物なので、飲食店や雑貨屋さんなどでもよく見かけると思います。

南国のイメージがあり、寒さに強いとは言えない植物ですが、
私の経験からいうと気温よりも日光が大事!です。

新潟の冬は毎日ドヨーーーンとした空模様で、陽が差し込むことはとても少ないです。
植物は光合成が必要ですから、この日光に当たることのできない期間&気温が低い日々に耐えられず枯れることが多々あります。

モンステラは越冬温度5℃で、しかも普段から日光をあまり必要としない子なので、新潟の厳しい冬も室内であれば越すことができます!

見た目もインパクトがありお部屋のインテリアにはもってこいなので、初心者の方にもお勧めしたい観葉植物です。

アイビー

アイビー

“ヘデラ”と呼ばれることもあるアイビーです。
こちらもよく美容院やお洒落ショップの洗面所などで見かける観葉植物だと思います。よく見かけるどころか、外にもワッサーーーと生えていますよね。
色んな種類があり、葉の形や模様が様々で寄せ植えにもよく使われます。

アイビーちゃんも寒さにはもちろん、暑さにも強い丈夫な子です!なんてたくましい!
地植えもOK、鉢植えや寄せ植えOK、水挿し(水の入った瓶などに挿れておく)もOK…!
インテリア雑誌にもよく脇役として登場する、万能なアイビーちゃんです。

モンステラと同じく耐陰性もあるので、新潟のドヨヨォーーーンとした冬でも大丈夫。凍らないように、室内に入れてあげると安心ですね。

サイズもとても小さいものがホームセンターや100円ショップでも販売されているので、観葉植物の第一歩として始めるのに一押しのアイビーちゃんです。

カポック

カポック

“シェフレラ”と呼ばれることもあるカポックです。
とても丈夫で、越冬温度も0℃と低く、降雪のない地域でしたら外でも越冬できると言われています。(南魚沼では無理かな)

生長も早く、わさわさした葉っぱがとっても可愛いです。
大きく成長したカポックが玄関などにあると、お!っと目を引く存在になると思います。
お部屋の雰囲気をグッと変えてくれるイチオシの植物です。

テーブルヤシ

テーブルヤシ

最後はテーブルヤシです!
「ヤシ」と聞くと、ヤシの木を想像しますか?南国リゾートのイメージですよね?アロハーーー!
でもでも、テーブルヤシは「テーブル」の名が付く通り、小さいサイズで室内で育てるヤシなのです。
しかも、ヤシと言う名の割に直射日光が苦手な子です。くぅ、、なんて可愛い子なんだ…

冬はほとんど生長しないので、半月に1回の水やりでも大丈夫。
上手に育てると、黄色い丸い花が咲いて愛らしいですよ!

私は100円ショップで10cmほどのテーブルヤシを購入しましたが、今は60cmほどになりました。もう机に置けないよ!
新潟の厳しい寒さにも耐えてくれるので、どんどん大きくしていこうと思います。

寒くても枯れにくい!観葉植物まとめ

寒さに強い観葉植物はいかがでしたでしょうか?
これからますます気温が下がり、人間にとっても植物にとっても厳しい季節になりますが、
寒い日にお部屋で観葉植物たちと寄り添って語り合うのも、また良いかもしれません。(そんな変な目で見ないで!)

それではまた!!

アイビー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です